PowerRay 水中ドローン

aaa

安全で手軽に水中業務をサポート

現在、国土交通省及び経済産業省は、労働力不足が懸念される中、急速に老朽化が進む社会インフラに対して、
今後増大するインフラ点検を効果的・効率的に行い、また、人が近づくことが困難な災害現場の調査や、
応急復旧を迅速かつ的確に実施する実用性の高いロボットの開発・導入を促進しています。

国が定める5つの重点分野の中に「水中(ダム・河川)」が含まれています。
エレパが販売している水中探査ロボット(水中ドローン)は、水中設備の接近目視の代替・支援、
堆積物の状況把握、水難犠牲者の捜索、漁業設備の点検などに有用性が認められこれらの分野で導入が進んでいます。

活用事例

  • ダムや水中構造物の点検

    ダムや水中構造物の点検

    ダム設備、橋梁の水中基礎、擁壁の水中部分など、潜水士による目視点検を必要とする作業を、高解像度(4K)のカメラを搭載した水中ドローンを使って安全に手軽に行うことができます。

    また、ダム湖では水中ドローンに搭載されたソナー(魚群探知機)を使って湖底の堆積物の状況や水深の計測が可能です。
  • 水難者の捜索

    水難者の捜索

    夏場になると大きな河川では水難事故が多発します。浅瀬は空撮用ドローンやヘリコプターにより上空から操作ができますが、水深の深い場所は警察や消防の潜水部隊による捜索が必要となります。

    河川では深い場所はある程度限られているため、水中ドローンを使いピンポイントで効率的な捜索ができるようになりました。
  • 漁業設備の点検

    漁業設備の点検

    高知県は、鯛、ハマチ、カンパチなどの養殖事業が盛んですが、養殖生簀(網)の破損や汚れをダイバーが海中に潜ることなく、水中ドローンで手軽に点検することが可能となりました。

    また、海水温も計測でき、モニターを通して魚の健康状態や生育状況も確認することができます。
    さらに、漁船のスクリューや船底の付着物等を水中ドローンで点検することにより、船の維持管理が効率化されます。

撮影動画

  • 高川(高知県)
  • 地蔵寺川(高知県)
  • 伊勢湾(三重県)

スペック

梱包内容
  • 本体(記録容量64GB)
  • ベースステーション
  • コントローラー
  • ソナー(魚群探知機)
  • VRゴーグル
  • 充電器
  • 通信ケーブル(70M)
  • キャリーケース
  • リール
  • 本体スペック
    最大操縦水深 30m
    環境温度 0〜40℃
    最大前進速度 1.5m/s
    バッテリー 94.72Wh(6400mAh)
    バッテリー接続時間
    ・高速0.5h
    ・中速1.5h
    ・低速4h
  • コントローラ
    周波数 2.4~2.483GHz
    最大の転送距離 10m
  • ベースステーション
    重量 0.2kg
    中性浮力ケーブル長さ 70m
    Wi-Fi 距離 30m
  • カメラ
    レンズ FOV 95°(空気中)
    絞り F2.8
    撮像素子
    ・1/2.3 inch CMOS,有効解像度 12M
    静止画解像度
    ・12M: 4000x3000 4:3 (default)
    ・8M: 3840x2160 16:9
    ・5M: 2560x1920 4:3
    ビデオ解像度
    ・4K: 3840x2160 25fps (default)
    ・1440P:2560x1440 50fps
    ・FHD:1920x1080 30/60fps
    記憶容量 64G
  • キャリーケース
    幅370mm×奥行300mm×高さ550mm
    (取手延長時1040mm)
    キーロック3桁ダイヤル式
    TSAロック付き 2輪キャスター
  • ソナー(魚群探知機)
    ソナー周波数 125KHz
    探知角度 30°
    動作深度 0.6~40m
    動作温度 0~40°C
    最大通信距離 90m
  • 通信ケーブル
    長さ70m
  • VRゴーグル
    FOV 視野角 100°
    IPD(瞳の距離) 53~77mm
    携帯端末画面対応サイズ
    ・4.7インチ〜5.5インチ
    眼鏡使用可
  • 充電器
    AC100-240V 50/60Hz 1.6A
Power Vision ※メーカーサイトへ飛びます